製品情報

特装車(物流・環境・他) / ごみ収集車
電動併用式塵芥収集車

ツインドライブ・eパッカー®はコンセントからの電気を動力源とする電動油圧システムと、エンジンの動力を使用するPTO油圧システムの2つのシステムを搭載しています。
作業現場の状況、コンセントの有無に応じて、排気ガスの気になる地下階や騒音が気になる夜間など、特定の場所では電動油圧システム、ごみのルート回収などコンセントの無い場合にはPTO油圧システムと使い分けができますので、多様な作業シーンに最適なシステムが選べます。

特長

コンセントを差し込むだけの簡単操作

搭載されている電動油圧システムは3相200Vコンセントを差し込むだけで起動します。起動の確認は制御盤左側面もしくは投入口横の確認ランプでチェックが可能。操作方法は従来通りのごみ収集車と全く同じです。

コードリール・コンセント
コードリール・コンセント

確認ランプ(制御盤左側面)
確認ランプ(制御盤左側面)

確認ランプ(投入口横)
確認ランプ(投入口横)

コンセント供給時にはエンジン停止で作業が可能

3相200Vコンセント電源供給時にはエンジン停止状態で作業ができ、CO2の削減、超低騒音、排気ガスゼロを実現しています。排気ガスや騒音の気になる屋内施設での回収作業に最適です。

通常の塵芥収集車と同じPTO油圧システムでも作業が可能

ごみのルート回収など3相200Vコンセントが無い場合は、通常の塵芥収集車と同じPTO油圧システムでの作業も可能です。作業シーンに応じたシステムが選択できます。

ごみ収集車

ごみ収集車を大きく分けると車体の後部に積込み装置がある機械式ごみ収集車(パッカー車と呼ばれる)と、容積の大きい荷箱をのせたダンプトラック(清掃ダンプと呼ばれる)があります。さらに、機械式ごみ収集車は、プレス式と回転板式に分かれます。ここでは機械式ごみ収集車を紹介します。

プレス式

プレスプレートとプッシュプレートの2種類のプレートによりごみを圧縮しかさを減らして積込む方式です。

回転板式

家庭ごみに最適の回転 プレート式でごみや汚水の飛び散りや戻りを少なくするため2枚のプレートで積込む方式です

お問い合わせ・サポートはこちら

TOP