FAQ

よくあるご質問についてお答えします
(質問をクリックすると回答が表示されます)

採用試験について教えてください。

原則として個人面接のスタイルを取り、学生時代を通して、どんな活動をして、何を学び、極東開発工業に入社してどんなことがやりたいのか、またできるのか・・・といったことを中心にお話をきかせていただきます。また、適性検査も実施いたします。なお、技術系の採用試験では、機械や電気に関する基本的な専門テストを実施します。

OB・OG訪問は可能ですか?

もちろん可能です。人事課が窓口として対応いたしますので、気軽にお問い合わせください。

女性の活躍状況について教えてください。

女性社員の活躍できる場をより一層広げていきたいと考えています。まだまだ男性比率が高い会社ですが、「モノづくりに携わってみたい」「社会貢献度の高い仕事をしたい」という方、ぜひご応募をお待ちしております。

社風を教えてください。

自由闊達、アットホームな会社です。また、担当者として任せられた仕事に関しては大きな権限が与えられるため、つねに自分が主役となって取り組むことができます。

1日の仕事の流れを教えてください。

技術・事務系とも、基本的にあらかじめ決められた仕事の流れがあるわけではありません。
たとえば開発業務では、決められた開発期間内に、設計、試作品の製作、各種実験などのプロセスを経て製品化していきます。そのなかで「何をどのように」という具体的な仕事の進め方は担当者に任せられています。また、営業職については、当社の場合、事業部門ごとに独自の営業スタイルをもっているのが特徴ですが、具体的に仕事の肉付けを行うのは個々の営業担当者です。
つまり、いずれの部署においても当社では、受け身の姿勢で仕事をこなすことはできません。職種は異なっても、それぞれの持ち場において自ら積極的に独自のテーマを追求していく創造性が、たえず問われる企業風土だといえます。

配属はどのようにして決定されるのですか?

面接時に皆さんの希望を聞いたうえで、120%の実力を発揮できると考えられる部門に配属します。配属にあたっては、一人ひとりの能力と適性をしっかりと判断するため、1次面接から最終面接まで、皆さんとじっくり膝をつきあわせて話しあっていきます。

ジョブ・ローテーションはありますか?

当社では、ジョブ・ローテーション、すなわち定期的に職務の異動を行う人事制度は採用していません。技術系社員も事務系社員も、幅広い業務を経験することは大切ですが、まずは配属先の部署でそれぞれの業務をしっかりと身につけていただきます。本人の希望についても、毎年実施する自己申告制度を通じて十分に耳を傾け、その後もキャリア研修などの教育制度によって個々人のキャリア形成をサポートしていきます。

転勤はありますか?

当社は全国に工場及び営業所がございます。したがって転勤もあります。転勤のメリットは人脈を広げるきっかけとなることです。仕事を通じて築き上げた人脈は、キャリア形成につながる重要なファクター。自分自身のために転勤を有意義に捉えている方は大勢います。

海外への出張や転勤について教えてください。

当社は、特装車メーカーとしては日本で初めて海外工場を稼動させています。今後も極東ブランドを世界に発信すべく、海外市場への挑戦を加速していきます。それにともなって海外への出張・転勤の機会も増えていく見込みです。

新入社員教育の中身は?

全体研修として、最初に2週間程度の導入教育があります。目的は、1.社会人への意識改革を図る 2.当社の社員としての最低限の知識習得 3.社会人としてのプロ意識を磨く 4.グループとしての協力を体験する です。また、全体研修終了後、配属部門により、最長1年間の現場実習などを行なっています。

社会貢献への取り組みについて教えてください。

当社の製品は社会のインフラ整備に欠かせません。そのため優れた製品を提供し、お客様に満足していただくことが、そのまま大きな社会貢献につながるものと考えています。一方、地域社会への貢献としては、各事業所でそれぞれに取り組んでいます。たとえば横浜工場では毎年1000人近い小学生の工場見学を受けて入れ、モノづくりの面白さと大切さを伝えています。
CSR報告書にも記載がありますので、こちらもご覧ください。