製品情報

特装車(物流・環境・他) / テールゲートリフタ
パワーゲート®(後部格納式):Gシリーズ

使いやすさのレベルを高める新装備が充実

扱いやすさの徹底追求から生まれた荷役省力装置。プラットホーム全面が使えるパワーゲートGシリーズはロールボックスパレットのようなキャスター付の台車など、大きな荷物の昇降に最適です。

特長

コンパクト設計

パワーユニットとスイッチパネルを一体化し、リフトフレームに内蔵することで、パワーゲートのコンパクト化を実現しました。

サービス性の向上

スイッチパネルにLEDディスプレイを新設。「作動状況」を表示し、使用状況がひと目で分かり、サービス性の向上を実現しています。

艤装品取付スペースの拡大

いままでリフトフレーム上に設置していた、パワーユニットをリフトフレームに内蔵、スイッチパネルを一体化したことにより、艤装品取付スペースを拡大しました。

操作性を向上させる
パルコンⅣ(ワイヤレスリモコン)を標準装備

積荷を確認しながら、自由な位置でパワーゲートの昇降・開閉操作が可能なパルコンIV(ワイヤレスリモコン)を標準装備。誤作動を防ぐオートパワーオフ機能を採用し、操作性と安全性の向上を実現しています。

閉動作時のスローストップ機構

プラットホームの閉動作完了の手前でスピードがゆっくりになるスローストップ機構を標準装備しています。

渡し板モード

集荷場などのデッキ部と、水平状態のプラットホームに高低差がある場合、プラットホームの先端部分を下方向へ最大250mmまで手動でチルトさせて、床面に着けることが可能。積み降ろしがスムーズに行えます。
(プラットホーム高さが1,550mmの場合)

チルト機構(GⅢのみ)

  • 任意の高さで、プラットホームがチルトできます。
  • プラットホームは、接地後自動的にチルトします。
  • セーフティバルブで、約100kg以上積載時のチルトはゆっくり下降します。
  • 高低差のある集荷場では渡し板として使用できます。

※本製品には自動的にプラットホームが水平になる機能は付いていません。


製品バリエーション

呼称 最大リフト荷重 適用車
ボデー形状 車格(t)
GⅡ1000 1000kg カーゴ・バン 2~10
GⅢ1000 1000kg 3.5~10

テールゲートリフタ

重い荷物の積降ろしは重労働です。
テールゲートが上下に動くパワーゲート®(荷役省力装置)を使えばぐ~んと楽になります。

お問い合わせ・サポートはこちら

TOP