極東開発工業のCSR


◆トップメッセージ




 極東開発工業は、「特装車」・「環境機器」・「パーキング」の3つのセグメントで事業活動をすすめています。 これら事業を通じて製品やサービスを世に送り出していることは、そのまま数々の社会課題への取り組みに繋がっています。
2015年に国連で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)。当社の業種が製造業であることから、SDGsのゴール11「住み続けられるまちづくりを」や ゴール12「つくる責任 つかう責任」は特に重点的に取り組むべき目標といえます。 またごみ収集車等の環境整備に活躍する特装車やリサイクルプラント等のごみ処理施設などはゴール3「すべての人に健康と福祉を」にも関連しています。

 国内では今、少子高齢化や自然災害などの問題が深刻化しています。海外では特にアジア諸国で経済発展によるインフラの整備が課題となっています。 これら社会課題の解決に向けて、当社は培ってきた技術やノウハウをもって貢献していく必要があります。

 

 2019年度からは新しい中期経営計画がスタートしました。中期経営計画の達成を通じて社内外の課題に取り組み、SDGsに貢献していくことこそ当社のCSRです。 今後も持続可能な社会の実現に向けて、一層力を入れた取り組みをすすめて参ります。



◆CSR方針

極東開発工業は、企業としての社会的責任を自覚し、事業活動を通じて持続可能な社会の実現を目指します。
      
  1. お客様のニーズと期待に応える、優れた製品と質の高いサービスを適正な価格で提供します。
  2. 環境や社会、人権などに配慮した持続可能な調達を行い、法令に基づいた公正公平かつ透明性のある取引を通じて共存共栄の実現に取り組みます。
  3. 従業員の多様性や権利を尊重し、全員が最大限の力を発揮できる、安全で働きがいのある職場環境づくりをすすめます。
  4. 財務情報および非財務情報について適切な情報開示を行います。
  5. 責任ある社会の一員として、あらゆる手段で地域の発展に貢献します。
  6. 環境法令を順守した事業活動や環境保全に役立つ技術開発を通じて、地球環境問題に取り組みます。
  7. 内部統制システムや事業継続計画を運用し、健全で揺るがない事業経営を行います。

お問い合わせ・サポートはこちら

TOP