大型 土砂ダンプ | 製品情報 | 極東開発工業株式会社

製品情報

特装車(建設) / ダンプトラック
大型 土砂ダンプ
現場志向の多彩なバリエーション。
最適を引き出す豊富なラインナップと
独自の技術がハードな環境に対応。

特長

低床化で高い走行安定性を実現

独自構造のボデーの主桁,サブフレームによりデッキ床面地上高の低床化を実現しています。積み込み易さを向上させ、低重心化により走行安定性も高めています。また、デッキ裏は定評のある井桁構造を採用しています。

標準仕様のフルダンプ角度は53°を確保しています。

使用条件・用途に合わせて選べるワイドバリエーション

大型土砂ダンプは、角底一方開、舟底一方開、フラッティゲート®付の3タイプ。
標準型、強化型、軽量型があり、使用条件にあった使用を選択可能。

バリエーション

高圧ギアポンプ

高圧ギアポンプを装備することにより、安定した排出作業を可能にしています。

井桁構造のデッキ骨組み

デッキ骨組みはメインフレームにクロスメンバを貫通させた当社独自の井桁構造を採用しています。衝撃に強く、耐久性を大幅に向上させました。

ホイスト機構

当社オリジナルの「ごうりき®」式は長年の実績に裏打ちされたホイスト機構で、ダンプ時の高い剛性と低床化による走行時の高い安定性を実現しました。

一口メモ

【積載物『土砂』とは】

ダンプ規制法の第1条で下記のように決められています。

  • 土、砂利、砕石
  • コンクリート、れんが、モルタル、しっくい
  • 鉱さい、廃鉱、石炭がら
  • 砂利状または砕石状の石灰石およびけい砂

【ボデーバリエーション】

  • 角底一方開(基本)
  • 舟底一方開 ・角底三方開

【適用車格】

  • GVW(車両総重量)16t~ 20t

ダンプトラック

過酷な作業に耐える強力なパワー、機動力、走行安定性を備えたリヤダンプトラック(写真左)です。
三方向にダンプできる三転ダンプ(写真右)、テールゲートが上開き式のフラッティゲート®付ダンプなどがあります。

ダンプトラック
三転ダンプ

お問い合わせ・サポートはこちら

TOP