製品情報

特装車(建設) / コンクリートポンプ
2次製品向けコンクリートポンプ

コンクリートポンプ車メーカーとして豊富な実績と高い技術力を凝縮した高性能ポンプ

        

極東開発のポンプユニットは、切替バルブの機密性が高く圧力バランスがよいので、高圧状態においてもバルブの切替りが安定し、スムーズな打設ができます。また、部品点数が少なく、シンプルな構造ですので、消耗部品の点検整備が短時間に行え調整もほとんど不要なため、ランニングコストが極めて低くなります。さらにバルブとホッパーを一体化させたダイレクト吸入式で、生コンを底部に導きやすく残コン量が少なくなります。また、ホッパ底部が大きく開くボトムフラップ機構により、残コン処理やメンテナンスの手間を大幅に軽減することができます。消耗部品の点検整備、交換が容易なことに加え、オーバーホールも簡単に行えます。

高いポンプ吐出能力

        

ポンプユニットの基本部分は、コンクリートポンプ車で多くの実績を持つ機構・部品を採用し、二次製品用生コンの圧送に適した吐出能力を実現しています。

専用ホッパ

        

高強度・難流動性の特性を持つ二次製品用生コンでも高い流動性・吸込性を実現する、攪拌ブレード付きの大容量専用ホッパを装備しています。
※設置条件やご要望に応じて容量等の変更も可能です。詳細は弊社営業担当者にお問い合わせ下さい。

パワーユニット

        

モーターや油圧制御機器を集約し、独立したパワーユニットとしていますので、設置時の多様なレイアウトに対応することができます。
また、インバータによる制御方式を採用していますので、省エネ・作業性の向上も実現しています。

安全性への配慮設定

        

ポンプユニットとパワーユニットそれぞれに配置した緊急停止スイッチをはじめ、操作スイッチの配置や状態表示ランプの集中配置など、作業者の安全にも配慮した設計を実現しています。

製品バリエーション

仕様 PT95-60M PT70-60M(実績例)
ポンプユニット 最大吐出量
(吐出量×吐出圧力)
標準圧送 94m3/h×5.7MPa 70m3/h×5.7MPa
高圧圧送 68m3/h×8.3MPa 50m3/h×8.3MPa
コンクリートシリンダー数 2 2
シリンダー径×ストローク φ205×1,650mm φ205×1,150mm
Sバルブ駆動 主回路+アキュムレータ 主回路+アキュムレータ
ホッパ 容積 0.5m3 0.5m3(アジテータ付)
嵩上げ部容積 1.1m3(アジテータ付) 1.1m3(アジテータ付)
全長×全幅×全高 約5,200×2,160×3,030mm 約4,100×2,160×2,740mm
パワーユニット 形態 独立(ポンプ本体と分離) 独立(ポンプ本体と分離)
電源 三相交流200V 定格容量165kVA 三相交流200V 定格容量112kVA
電動機・出力 110kW 75kW
電動機の制御 インバーター(定トルクベクトル制御) インバーター(定トルクベクトル制御)
油圧ポンプ 主回路用、補機回路用各1機 主回路用、補機回路用各1機
オイルタンク容量 200ℓ 200ℓ
オイルクーラ 空冷式 空冷式
全長×全幅×全高 約3,200×1,540×1,950mm 約3,600×1,540×2,300mm

コンクリートポンプ

コンクリートポンプ車は建設現場で、ミキサトラックが運んでくる生コンクリートを、パイプやホースを通じて打設場所へ圧送する装置を持った作業車です。スクイーズ式(絞り出し式)とピストン式(押し出し式)の2種類あります。

ピストンクリート®

国内最大級の圧送性能を持つピストン式(押し出し式)コンクリートポンプ車は高層ビル建設や大規模な土木建設工事などに使われています。

スクイーズクリート®

使いやすさと経済性に優れたスクイーズ式(絞り出し式)コンクリートポンプ車は小規模現場や1戸建て住宅の基礎工事などに使われています。

お問い合わせ・サポートはこちら

TOP