製品情報

特装車(物流・環境・他) / ごみ収集車
4t車級回転板式ごみ収集車「パックマン®チルト」



高次元の基本性能

これからのごみ収集車のスタンダードとして、デザイン・性能・品質の全てを高い次元で実現した新型4t車級回転板式ごみ収集車「パックマン®チルト」

デザインを一新し、力強く洗練されたデザインを実現するとともに、ごみの圧縮率向上やボデー容積及び剛性の向上をはじめとした、基本性能の進化により、高い安全性・作業性・機能性を実現しています。

製品バリエーション

架装シャシ 架装形式 ボデー容積 ホッパ容積 投入口幅 排出方法
4~5.5t GB73-840 7.3m3 0.49m3 1,700mm ダンプ式
GB83-840 8.3m3
GB86-840 8.6m3
GB100-840 10.0m3

ごみ収集車

ごみ収集車を大きく分けると車体の後部に積込み装置がある機械式ごみ収集車(パッカー車と呼ばれる)と、容積の大きい荷箱をのせたダンプトラック(清掃ダンプと呼ばれる)があります。さらに、機械式ごみ収集車は、プレス式と回転板式に分かれます。ここでは機械式ごみ収集車を紹介します。

プレス式

プレスプレートとプッシュプレートの2種類のプレートによりごみを圧縮しかさを減らして積込む方式です。

回転板式

家庭ごみに最適の回転 プレート式でごみや汚水の飛び散りや戻りを少なくするため2枚のプレートで積込む方式です

お問い合わせ・サポートはこちら

TOP